第22回

細胞ごとにばらつく環境ストレス応答が精神神経疾患で見られる表現型の多様性を生み出す

石井 聖二 氏

アメリカ国立小児医療センター 神経科学研究所 博士研究員

http://skip.stemcellinformatics.org/share/pdf/20151207.pdf

日時:2015年12月7日(月) 18:00〜19:30
場所:慶應義塾大学信濃町キャンパス
〒160-8582 新宿区信濃町35番地 総合医科学研究棟 1階ラウンジ
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

主催:厚生労働省委託事業「ヒト幹細胞情報化推進事業」SKIP

事業担当者
小﨑 健次郎(慶應義塾大学医学部 臨床遺伝学センター教授)
増井 徹(慶應義塾大学医学部 臨床遺伝学センター教授)
岡野 栄之 (慶應義塾大学医学部長・生理学 教授)

共催
慶應義塾大学 総合医科学研究センター
センター長:松尾 光一(医学部共同利用研究室・細胞組織学教授)

お問い合わせ:慶應義塾大学 幹細胞情報室

このページのTOP